古民家を改築しどこか懐かしい雰囲気が漂う空間『cafe OMO屋』

オーナーの竹田新吾シェフは、東京のカフェで修業し2010年に、自身が生まれ育った奈良でカフェをオープンさせた。
お店のこだわりは、『癒しの空間』と豆を特別に調合しているという『OMO屋ブレンドコーヒー』。

奈良が好き。家族が好き

カフェは昔から経営してみたかったんです。キッチン経験がなかったので、とりあえず東京へ行ってみました。

奈良で生活をしているときは気づかなかったんですが、東京に行って、『奈良って最高やん』って思いました。むしろ奈良が嫌いでしたから……。でも東京に行って奈良が好きになったんです。奈良で店をオープンさせたい、という思いがだんだん大きくなってきました。そんな折、父がこの場所で工房を始めたんです。この場所を初めてみたとき、ここしかない!と感じました。

もともと家族の仲がめちゃくちゃいいんですよ。父が経営する木工工房、母の雑貨店、私と妹のカフェ。すべてつながっている。まさに竹田ワールド。家族の温かさ、家族の絆を感じてもらえればと思います。竹田ワールドを存分に味わってください。

喫茶店ではなくカフェにこだわる理由。

喫茶店ではなく
カフェにこだわる理由。

カフェって使い勝手が良いとおもうんですよね。コーヒーや軽食はもちろん、何よりアルコールを楽しめるのが特徴です。

天気のいい真っ昼間からビールを「ぐいっ!」といくって最高でしょ!
うちの店はコーヒーや料理だけでなく、雰囲気も自慢のひとつです。奈良ののどかさを味わってほしい。いろんな人が集まって、いろんな話をして人と人がつながる。そんな場所を目指したいです。

食を通して人とコミュニケーションがとれる、それが僕の誇りです。